こんばんは。

塾長の古藤です。

 

2月14日は

佐賀県立高校特色選抜試験の

合格発表日でした。

(県発表情報はコチラから)

 

合格を勝ち取った生徒さん、

おめでとう!!

 

 

 

 

 

一足早く春を迎えられたのは

紛れもなくキミたちの努力の結果です。

上位合格者となるので

高校に入ってからも

しっかりと頑張ってね ^^

 

特色では届かなかった生徒さん。

別に残念でもなんでもありません。

もともと2割しかない合格枠です。

なんにも気にせず、一般選抜での

合格に向けてもう一踏ん張り頑張ろう。

 

夏以降、ずーーーっと言い続けてきました。

特色選抜は最後の実践模試のようなもの。

「早く受験勉強から開放されたい」

だとか変な色気を出さずに、

一般選抜での合格を

見据えて勉強を進めよう。

特色はあくまでも通過点だから。

そう言い続けてきました。

 

だから特色後も、合格発表までの

一週間を無駄にしないよう

きちんと学習を続けてきた生徒たち。

発表前日の昨日も

「特色は期待してないんでー」

「明日の発表はどうでもいいんです」

と言いながら

理科、社会の学習をしていました。

 

そして今日(14日)、

合格の報告と、

ダメでしたという報告。

気持ちを切り替えて

勉強できている生徒もいれば、

塾に来たときの表情で

ちょっと落ち込んでいるのが

わかる生徒もいました。

 

落ち込む必要なんて1ミリもない。

まだ志望校に落ちたわけではないからね。

今回の特色の結果をあれこれ考えても

もう仕方が無いので、

一刻も早く気持ちを切り替えて

一般選抜に備えることだ。

 

今回、特色選抜に合格した生徒の一人は

夏期講習でもエンジンがかからず

ちょっと心配していましたが、

秋になると自ら塾のコースを

毎日コースに変えると言い出し、

冬になると塾の時間を友だちとは

あえてずらして一人で勉強し、

Only is not lonely. なスタイルで

頑張っていました。

特色合格の裏にはこのような

他の人と違う努力がありました。

 

しかし、それは他の生徒も同じ。

夏以降、みんな本当によく頑張っている。

どこかで息抜き出来ているのか

こっちが心配になるくらい

塾にカンヅメになって頑張っている。

だから、

生徒には散々

「一般選抜で合格」

「特色の結果は気にしないこと」

と言ってきたけど、

どこかで期待していた自分がいたのでしょう。

今日のそれぞれの結果を聞いて

『特色で合格させたかったな』

と、ちょっと落ち込んでいる

自分がいました。

もちろん、生徒の前では

そんな素振りは見せませんけど。

 

 

焦りや不安感に苛まれながらも

心に波風を立てず、

やるべきことを淡々とやっていく。

今はそんな気持ちの強さが必要。


 

 

 

 

 

 

残り20日。

気張りどころだ。

 

特色選抜合格おめでとう!

残りの塾生も続いていこう!!