こんばんは。塾長の古藤です。

 

今日で2016年春期講習を修了しました。

小学生も中学生も、

このポカポカ陽気でのんびり過ごしたい春休みに、

連日塾に顔を出して頑張りました^^

 

私の通勤経路が見事な桜並木で、

日に日に開花していく様子を

この2週間楽しみながら通勤していました。

桜並木

 

 

 

 

 

 

 

夜桜

 

 

 

 

 

桜の木

 

 

 

 

 

 

しかし、昨日までの雨でだいぶ散りましたね。

桜吹雪はもう少し楽しめそうかな^^

 

さて、この春期講習から参加している塾生の1人が

印象的なので紹介します。

 

新中2の生徒さんですが、

「1年の学年末テストがボロボロだったので

塾を探している」

と3学期の終わり頃、体験学習に来られました。

 

どの教科もよろしくないのですが、

特に数学が苦手で、学年末テストは20点

(自己申告、100点満点中)

だったそうで、ご両親も心配されてました。

 

状況を伺ってからこちらも

塾での学習のやり方を説明し、

実際にパソコンを使っての学習を体験してもらいます。

 

問題の解答を入力する際に

「これで合っているのかな」と

不安な様子で両親の顔を見る生徒さん。

そこにお父様がズバリと。

「そうやってすぐに人に聞こうとするな。

試験のときは自分1人なんだから

自分で考えてみろ」

 

おぉ~~(゜o゜)

まさにその通り!!

体験学習に来られる方に

普段私が言っていることそのまんま(笑)

 

唐津松陰塾が目指すのは

生徒たちに【自立学習】の姿勢を

身につけてもらうことです。

松陰先生

 

 

 

 

 

 

本来、『学ぶ』とは能動姿勢のはずです。

本人に学ぶ意思がなければ、

集団授業でもマンツーマン指導でも

学力が身につくことはありません。

 

自立学習力があれば、

正しいやり方と適切なツールを用意することで

あとは自然と学力が身についていきます。

 

時々、「付きっきりで指導してもらえるんですか」

と聞かれますが、

そのような指導のやり方はしていません。

 

先の話に戻りますが、

試験の時は自分1人です。

初見の問題に対し、これまで学習した知識を

総動員して自ら答えを導かなくてはなりません。

 

この、自ら「考える力」、

「思考する力」が重要なのです。

 

子どもたちは自分の解答が

「○」なのか「×」なのかには

興味がありますが、

残念ながら興味はそこまでです。

「×」だった時に

『なぜ×なのか』と興味を持てる子が

学力が伸びる子なんです。

要は「見直し」が出来る生徒さんですね。

 

すぐに人に聞こうとする生徒さんは、

問題が解らないのは仕方ないとしても、

「自分で考えてみる」ことすら

出来ない場合も多いです。

 

考えるクセがついていないんですね。

 

だから、唐津松陰塾では

生徒にしっかり考えさせます。

思考することに慣れてない生徒さんは

初めのうちはクタクタになって帰ります^^

 

「勉強のやり方がわかっていないから

そこからお願いします」

と言われて預った先ほどの生徒さん。

この春期講習は毎日出席し、

午前中に学習して

昼から部活に行き、

夕方また学習に来る日もありました。

 

今のまま2年生の数学をスタートさせる

わけにはいかない状態だったので、

「数と式」の分野を徹底して復習。

当初はしんどそうな様子も見えましたが、

本人も負けん気が強いのか、

徹底したアウトプット学習にへこたれることなく

何度も何度も問題演習を繰り返しました。

 

その結果、昨日「正負の数」の単元、

120問を正答率91%でクリア。

正負の数

 

 

 

 

 

 

明らかに理解が深まり、

学習の体力もつきました。

 

中1の最初に習う基礎的な単元ですが、

ここでいきなり躓いて中学数学が苦手になる

生徒はすごく多いです。

実際にこの生徒さんもこのパターンでした。

 

しかし、今ならばこの「正負の数」の

前提知識を持って

中1の「文字の式」から

中2の「式の計算」へと学習を進められます。

 

なによりも、この生徒さん自身が

この短期間での自分の成長に自信がついたようです^^

 

それもこれも、この生徒さんが

「自立」して学習を進めることが出来ている

「自覚」を持てたからです。

 

最終日の今日も、午前中から夕方まで

たくさんの生徒が自ら机に向かって

自立学習をしてくれました。

教室0405

 

 

 

 

 

実り多い春期講習でした^^

みんなよく頑張った!

新学期のスタートダッシュ、決めようぜ(^_^)v