こんばんは。塾長の古藤です。

 

先日、音楽を聴きながら

勉強することについて

記事を書きました。

 

個人的には、歌詞付はNG。

クラシックなどの落ち着いた

メロディのみのものならOKかな

と思いますが、

実は、私自身が勉強する時は

あるBGMを聴いています。

 

それは『雨音』です。

以前、資格試験の勉強をしているときに

出会ったのですが、

ただひたすら「雨の音」が流れるだけです。

%e3%81%82%e3%81%be%e3%81%8c%e3%81%88%e3%82%8b%e3%81%8f%e3%82%93

 

 

 

 

 

 

学生の頃、

雨の日って、教室内も暗くなり

気分が上がらなくて、

外から微かに聞こえる

「ザーーーーー」っという雨音に

心落ち着いて勉強に集中できた

経験がありませんか?

これ、イメージではなく、真実なんです。

 

例えば、カフェやファミレスで

がっつり勉強やっている方を見かけますよね。

小心者の私は周りが気になって

とてもマネはできませんが ^^;

ただ、図書館のように静かなところよりも

多少の雑音がする環境のほうが

脳は効率よく働くことがわかっているそうです。

 

具体的には70デシベル程度の音で、

これは「環境音」と呼ばれていて

脳の働きをアップさせるだけでなく、

リラックス効果もあるそうです!

 

実際にネット上には

作業用BGMとして

様々な「環境音」が聞けるサイトが

たくさんあります。

 

波の音や鳥のさえずり、

焚き火の音など

実に様々です。

 

そんな中でも、私個人としては

「雨音」が一番しっくりきます。

時々、雷音が入っているものもいいですね^^

他にも、雨が「ザーーー」っと

降っているだけでなく、

水面に雨粒が「ピチャ ピチャ」と

叩きつけられるパターンもあったり、

探せば本当にいろいろあります。

 

クラシックだと

モーツァルトのピアノが有名ですが、

雨音の、いい意味で気分を静めてくれるのが

心地よく、最近聴くのは

専ら「雨音」ですね。

 

%e6%95%b0%e5%ad%a6%e5%8f%82%e8%80%83%e6%9b%b8

 

 

 

 

 

 

図形と関数の融合問題は

入試の難関なので、

私も予習・復習です。

 

スマホひとつで

雨の日の勉強に集中できる

空間を作り出せるので

便利な世の中ですね。

 

もちろん、

試験本番の日が雨とは限らないし、

聞こえてくるのは

隣の人が快調にペンを走らせる音なので、

生徒たちはそれに心乱されないよう

集中力を保つ訓練が必要ですけども ^^ゞ

 

やってみる価値はありますよ!

信じるか信じないかは、あなた次第!!

%e9%9b%86%e4%b8%ad