こんばんは。塾長の古藤です。

 

特色選抜試験、お疲れ様でした。

不安と緊張から開放され、

ドッと疲れがきたでしょうが、

それでもほとんどの中3生が

今日も塾にきました。

 

デキを聞くと、

『面接で意外なことを聞かれて焦った』

という声が多くありました。

 

予想されるテーマに対しての回答は

ある程度用意しておくことが出来ますが、

少し違うニュアンスで質問された場合に

ちぐはぐな回答にならないよう

臨機応変に対応するには

やはり訓練が必要ですよね。

 

とは言え、緊張しますよね^^;

 

私が高校入試面接を受けたときは

順番待ちがその教室で最後のほうでしたので、

緊張疲れで順番が来たときには

緊張感よりも疲労感が強かったのを覚えています。

 

3人の面接官の先生がいて、

1人の先生が首を回しながら疲れた様子だったので、

「先生も疲れてるやん」と心の中で^^;

 

「中学校生活で1番頑張ったことは?」

の質問に、

「生徒会活動です!」

と自信満々で答えた私。

しかし、のちにその面接官の先生が

野球部顧問だったことを知って

失敗したーと思いました(笑)

たしか、別の質問で「高校でも野球をする」ことは

伝えたと思いますが、

合格したからいいものの、

アピールポイントを間違ったかなと焦りました。

 

ま、もちろん生徒会活動を1年間頑張ったことは

事実でしたし、

『この高校で野球をやって甲子園を目指したいんです!!』

と熱く伝えても不合格になるかも知れない訳で。。

 

とりあえず、今日の試験お疲れ様でした。

出題形式も例年通りでしたので、

一般選抜も形式が変わることは

考えにくいでしょう。

 

「出るよ」「出るよ!」

と言い続けてきたところが

出題されていましたが、

出来ていなかった生徒もいました。

 

今日の問題を早急に見直して、

一般選抜に向けて対策を講じます。

 

受験生は一息つきたいところですが、

あくまでも一般選抜に向けて

学習のペースを落とさず、

合格発表までの時間を大切に

過ごしてほしいです。

28年特色問題