こんばんは。

塾長の古藤です。

 

春期講習もあっという間に終盤。

明後日は始業式ですね。


 

 

 

 

 

 

3月から春期講習にかけて

新中1生が入塾してきていますが、

勉強のやり方が身についていない

生徒が多くいるので、

新年度ということもあり、

今日は新中1生に向けて

中学での勉強のやり方、

というか考え方について

普段生徒に話していることを書きます。

 

 

『問題は間違っていい!!』

とにかくこれ、声を大にして言いたい 笑

子どもたちは間違うことを極端に嫌います。

PC画面上の「×」やテキストの解答間違いを

すぐに隠しますよね。

そこには「出来ないこと・間違えること」が

「嫌だ」とか「恥ずかしい」

という気持ちが子どもたちにあり、

その気持ちは私もわかります。

「○」は堂々と見せられるけど、

「×」は見られたくないよね (xx;)

 

そこで、自分が解けなかった問題を

理解しよう、覚えようとするのですが、

残念ながら多くの子どもたちは

これをその場しのぎにしてしまいます。

見直し・やり直しをきちんとせずに

問題を進めたり、

間違った自分の解答を消してから

正答をただ書き写すだけだったり。。。

 

いますよね。

定期テスト前に提出課題のワークを

答え丸写しして丸付けしている生徒。

ワークは完璧な仕上がりで

素晴らしい見栄え 笑


 

 

 

 

 

 

でも、テストでは点数が取れない 泣


 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなごまかしの勉強をしていても

それは勉強ではなくて

課題提出の為の「作業」でしかなくて、

当然テストで点は取れないし、

大人が見ればきちんとやったものなのか

そうでないのかはわかるんですけどね。

(提出しないよりはマシでしょうけど)

 

そもそも、知らない新しいことを

いろいろ学んでいくわけなので、

誰もが最初は「×」の状態です。

その「×」を「○」にしていくのが

勉強なので、普段の学習のなかで

間違えること自体は何も問題ないし、

間違いがあるのはむしろ当然のことです。

理解していない、覚えていないことを

理解する、覚えることが勉強なので、

間違った後からが勉強の始まりです。

なのに、そこをその場しのぎで

スルーしてしまうのは

勉強をやっていないのと同じですね。


 

 

 

 

唐津東中の入試で成績1位だった生徒は

(↑すごい!の一言。入学式で新入生代表の

挨拶をするそうです。頑張ってね! ^^ )

やはり勉強のやり方が上手くて、

出来ない、わからない問題を

きちんと受け止め、

その問題を理解すること、覚えることに

時間を費やしています。

ちゃんと、「×」を「○」に変える

勉強をしているんですね。

 

まずは自力で問題を解いてみて

間違った問題を理解できるまでやり直す。

単純ですが、これに尽きます。

理解できていないことを

ごまかして進むと、

学習量が増えて授業スピードも早くなる

中学の勉強では取り返せなくなります。

 

新中1生に、ってことだったけど、

中3生こそ、まだこのようなごまかした

勉強やっていると、

取り返しがつかなくなりますよ。

入試ではごまかしが効かないんだから。

どうにかなると思っていても、

いずれどうにもできない状態になってしまう。

 

テストのときに「○」(点数)を

取るためには、普段の勉強で出てきた

「×」(間違い)から目を逸らさずに

やり直しをして理解していくこと。

だから、勉強中の「×」は点数を上げるために

必要なものなのです。

 

この考えを理解して、

どんどん間違えて大丈夫だから

きちんと勉強していこう。