こんばんは。塾長の古藤です。

先ほど帰宅したこの2名の生徒さん。

自主勉

 

 

 

 

 

今日は脳にしっかり汗をかきました。

これまではスムーズに学習できていたのですが、

今日の単元では「壁」にブチ当たり、

それこそ頭から湯気が出そうなくらいに

『ん~~~』と考えていました。

私が手を差し伸べるのは【考え方】や答えの【導き方】まで。

そこを理解したうえで類題を徹底的に解かせます。

こちらが【解答】そのものまで導くことは簡単ですが、

途中、生徒本人が考えることをしないと力はつきませんし、

理解の定着には至りません。

脳トレですね。

自ら考えることで思考回路が刺激される。

脳が働きだす。

考える力がつく。

脳の体力がつく。

 

自ら考えることが苦手な生徒さんは、

試験に最後まで取り組む体力すらないように思います。

考える訓練をしていないので、難しい問題にあたった時に

考えて答えを導き出そうとする体力がありません。

これは普段からの訓練が必要です。

筋肉と同じで、脳だって鍛えられます。

体力もつきます。

だから、考え方やヒントを提示した後は、最後まで生徒自身に考えさせます。

自ら考え、答えを出すことで、体力も自信も学力もつきます。

 

この2人、今日は頭がクタクタになったことでしょう^^

今日も1歩成長しました!

 

脳のウォーミングアップで学習の始めに【百マス計算】もやっています。

百マス

 

 

 

 

 

 

100点は絶対条件で、いかに早く解くか。

競争する姿は日々の成長を感じます。

 

ウサギではなく、カメでいい。

1歩1歩、最後まで自分のゴールを目指して頑張ろう!!