こんばんは。塾長の古藤です。

夕方、同級生の電気工事屋さんが月初に取り付けてくれた

エアコンの最終メンテナンスに来てくれました。

ちょうどその時間に塾にいたのが中学3年生2人。

この2人の志望校を出ているのが、私の同級生の電気工事屋さんということで、

【志望校の先輩】を私から紹介。

挨拶をして、学校生活はどうだったとか、通学の坂道はどうだったとか、実技をどう学んでいくのか、

といった、ちょっとした質問を。

実際に先輩が過ごした高校生活。

そして社会人となって、今、目の前で仕事をしている。

受験生2人が目指しているところのリアリティがそこにありました。

2人とも将来の目標があり、それを自分の言葉できちんと言える。

だから私は、この2人はきっと大丈夫だと確信しています。

勉強はしんどい。

きっとこの先、何度も心が折れそうになる。

そんなときに力になるのが、【夢】や【志】であって。

『とりあえず、今の実力で行けるところであれば、、、』

なんて言ってたら、諦めるのも簡単。

自分に負けても言い訳が利く。

だから、【受験生に必要なもの】を2人が持っているから安心しています。

志望動機なんてなんだっていい。

将来の夢が見つかっていないなら、進学先の高校生活で見つければいい。

だから自分が3年間過ごしたい高校を選べばいい。

その高校生活を強くイメージできるほど、志が強くなる。

そしてそれは、受験勉強のエネルギーになる。

多くの生徒さんが、自分の進路を自分で考えて決める初めての機会だと思います。

いろんな選択肢があるから、他人と同じじゃなくていい。

自分で決めたことが【本気】ならば、

唐津松陰塾はその【本気】を応援します。

だから、唐津松陰塾は【完全個別指導】なんです。

完全個別

 

 

 

 

 

 

 

ということで、同級生が来てくれたのは受験生2人にとって非常にタイムリーでした。

中3の2人、将来の自分のイメージが少しは湧いたかな?

ちなみに、塾長の中3の頃の夢は【獣医】でした、、、???

 

浦川電気工事の浦川くん、ありがとう!^^

浦川くん