こんばんは。塾長の古藤です。

 

7月になりました!

定期テストも終わったし、

中3生は中体連に向けてより一層

部活動に力が入っていることでしょう。

 

週末毎に練習試合で県外に出たりして

最近の中学生の部活が忙しいのもわかります。

今日の蒸し暑さだと

屋外も屋内も相当な暑さで

疲労困憊でしょう。

 

私も学生時代はずっと野球をやっていたので

部活に打ち込む気持ちはわかります。

むしろ、応援しています!!

 

しかし、部活を引退してから

受験勉強を頑張ろう!

と思っている人、

本当にそのタイミングから頑張れますか?

むしろ、部活引退まで先延ばしする

理由は何なのでしょうか。

 

 

部活が追い込みのこの時期に

受験勉強もストイックに頑張ることで、

部活引退後もスムーズに

受験勉強モードに移れるのではないでしょうか。

 

部活引退後から、

もしくは夏休みに入ってから

受験勉強を本格的に

始めようとしている人は

いざその時になっても

始められないタイプではないですか。

 

いつも先延ばしにする癖がある人は

部活を引退しても(夏休みに入っても)

「明日からやろう」

「7月はゆっくりして8月から頑張ろう」

「お盆休みまではいいや」

「2学期が始まったら本気を出そう!」

と言って貴重な受験生の夏休みで

力をつけることが出来ずに

受験モードになるタイミングを逃したまま

ずるずると時間だけが過ぎていくパターンに

なってしまいます。

 

そうならない為にも、

まずは勉強を始めること。

今日から、今から始めることです。

夏休みまで20日程度あります。

当然、入試までの日にちは着実に減っていきます。

入試の日は決まっているのだから

1日でも早く学習を始めたほうがいい事は

火を見るより明らかです。

 

のんびりしている人、

なかなかエンジンがかからない人は

敵を知らないからでしょう。

そういう人は去年の入試問題を

1日でも早く見てみることです。

特に、社会の地理・歴史は

学校の学習が終わっているので

今の時点で解けてもいいはずです。

もし、手も足も出ないというなら

入試レベルを知らなかったということです。

 

暗記一辺倒で解答できる問題が

少ない現在の入試問題に対応するには

基礎を早く固めて

頭を使う入試レベルの問題を

徹底して演習していかねばなりません。


 

 

 

 

 

 

「やっておいてよかった」

そう言えるのは9ヵ月後だけど、

そう言えるのが一番いいはず。

 

腹を括って、

早く【受験生】になろう。