こんばんは。塾長の古藤です。

 

冬期講習・前半は昨日で終わり、

今日は教室の掃除をしていました。


 

 

 

 

 

 

一年間教室の入口を彩ってくれた

くんちポスターカレンダーを

2017年のものに代えようすると、、

来年のはタテ型でした(゜o゜;)

同じスペースには収まらなかったので、

その隣に、、


 

 

 

 

 

 

自習机の目の前になってしまいました。。

中学生当時の私なら

ずっと眺めて勉強になりませんね 笑

じゃあコレ要るのか?

ということになりますが、

まぁ、要りますよね ^^

 


 

 

 

 

 

 

みんなを1年間見守ってくれた

お猿さんも、もう間もなく御役御免。

ちょっぴり寂しくなりますね。

 

 

さて、仕事納めということで

少し安堵した気持ちになりますが、

受験生は気を抜き過ぎずに

連休を過ごしてほしいと思います。

 

私も中3当時、塾に行っていましたが、

その時の先生が

「まぁ、元日くらいは勉強しなくてもいいけど、、」

と言ってあったのを覚えています。

『元日は勉強しなくていいんだ!』

と子ども心にすごく嬉しかったんですが、

今は同じ言葉を受験生には

かけられないですね ^^;

 

英語長文読解特訓で中3生が

集まった時に話をしたかったんですが、

最後バタバタして話しそびれ、

そのまま数学特訓まで残った生徒に

少し話しましたが、

ここでも中3生に向けて

正月の過ごし方について

ちょっとお伝えします。

 

学年末テスト後から

県立や受験する私立の

過去問に取り掛かったり、

関数や図形の証明・相似などの

難問に取り組んだりして

学習のペースを上げて

みんな頑張っています。

そんな調子付いてきた時に

全く勉強をしない日があるのは

NGです。

というか、もったいないです。

 

一般選抜まであと60日ほど。

特色で決めてやろうという人は

試験まであと30日ほどです。

もちろん、この残り日数に

明日の大晦日も

正月三が日も含まれるので、

1日も無駄にできません。

 

それに、せっかく毎日勉強して出来た

勉強グセなのに、その手を止めることで

すぐに「サ○ロー」くんが出てきますよ。

 

なにも、正月も8時間は勉強しよう

とは言いません。

家族や友達と初詣に行ったり

親戚が集まったりするでしょう。

それをいい気分転換として

短い時間でもいいので

勉強時間ゼロの日がないように

してほしいのです。

 

外に出ればどこも人が多くてせわしなく、

なんとなく浮かれた雰囲気だし、

テレビはどこもお笑い特番やっていて

なかなか勉強できる環境ではありません。

さらにさらに、親だって

「正月くらいちょっと休んだら」

なんて言ってくるかもしれません。

 

でも、それに甘えちゃうと

冬休みが明けてから

正月の優しさが嘘のように

またやかましく「勉強しなさい」

「いい加減気合い入れなさい」

なんて言われちゃうので ^^ゞ

 

ここは先手攻撃で

「私受験生だよ!勉強するんだから

協力してよね!」くらいのことを

言って、親を感激(心配?笑)させよう^^

 

先日、「ビリギャル」がテレビであってて

観た生徒も多かったようです。

今年の夏にビリギャルの先生、

坪田先生が武雄にいらっしゃったので

その講演を聴きに行ってきましたが、

やはりメンタルが大事ですね。


 

 

 

 

 

 

普段と比べると年末年始は

みんな勉強量が減るでしょう。

そんなチャンスを活かして

合格への強い気持ちで

正月も机に向かいましょう。

合格すれば、長い春休みが

待ってるから^^

 

「そんな言うなら正月特訓で

塾を開けてくださいよ」なんて

言われそうですが、、

うーん、強制したいわけではなくて、

自主的な姿勢を取って欲しいので、、

そのへんは、また、検討します ^^;

 

「年末年始の楽しい時なのに、

勉強してるオレって、、

あぁ、、受験生やってるな」

って思うよね。

それでいい。

そうやって何とも言えない不安感と

戦いながら強くなる。

逃げたら終わり。

けど、まだまだ時間は残ってる。

頑張る人には残ってる。

逃げちゃうとあっという間に

時が過ぎる。

 

だから、少しでもいいので、

正月でも休まず勉強をやったという

事実が自分を成長させてくれます。

こうやって頑張る年末年始も

いいんじゃないかな ^^

 

年明けの冬期講習で会うのを

楽しみにしてます。

 

受験生、頑張れ!!