こんばんは。塾長の古藤です。

 

本日、県立高校入試の合格発表がありました。

一般選抜試験合格者の皆さん、

合格おめでとうございます!!


 

 

 

 

 

午前中から合格の連絡が入り、

(電話に出れなかった方ゴメンナサイ)

慌しい一日でした ^^

 

午後も多くの生徒が報告に来てくれました。

一人ひとりと握手を交わし、

喜びを分かち合いました。

その顔は、安堵の表情と喜びと、

どこか誇らしく、成長を感じるものでした。

 

「高校でも野球を続けます!」

と力強く言ってくれた生徒さん、

本当に希望に満ち溢れた最高の表情でした。

 

一方で、不合格の連絡もありました。

倍率も高かったし、不安ではありましたが、

越えることができませんでした。

県立の二次募集を受けるのか、私立に進むのか

その選択にも迫られますが、

進学先の高校で頑張って

今日の無念を晴らしてください。

 

受験生には幾度となく言ってきましたが、

世の中競争なんです。

受験なんだから合否が出ます。

今回、望まない結果になったとしても

この先何度でも挽回のチャンスはあります!

今は本当に苦しいだろうけど、

前を向いて、先を見て、頑張ってください。

 

一般選抜を受験した14名には

受験前に話をしたけど改めて、

「学べることの有り難さ」

に感謝しながら、

これからの青春を謳歌してください。

 

また、生徒さんと一緒に

ご挨拶に来て頂きました保護者様からも

身に余るお言葉を頂戴しまして

誠にありがとうございました。

 

私にとっても今年度の中3生

一人ひとりがよい出会いでした。

明日の合格者登校から

また新しい3年間が始まります。

 

「3年後を見て頑張ってね」

私の言葉に、

「はい、わかってます」

と笑顔で返してくれたので、

私がずっと言い続けてきたことが

伝わったんだなと思いました。

 

それぞれの道へ進みますが、

唐津松陰塾第2期生となる

19名全員をこれからも応援しています。

 

新しい制服を着て、また顔を出してね。