こんばんは。塾長の古藤です。

 

一般選抜試験まであと13日。

今日、志願状況(倍率)が発表されました。

平成28年度佐賀県立高等学校入学者選抜に関する情報

 

工業、南はやはり高倍率ですね。

厳木は大きく定員を割っていますが、

志願者は気を緩めることなく

勉強を続けてください!

もちろん、面接対策も。

 

この後、志願変更があって

最終的な倍率が確定するのは

3月2日です。

 

学校では、変更を希望する生徒は

今週金曜までに先生に

届け出ないといけないらしく、

塾生にも

「どうしよう、どうしよう」と

落ち着かない生徒がいました。

 

特色選抜の5~6倍のような

倍率と比べると、

全然大したことないのですが、

それでも実際に不合格者は出るわけで

どんなに倍率が低くても

不安な気持ちはよくわかります。

 

私が高校受験した時は、

志望校の倍率が確か1.14倍くらい。

当時の募集定員が320名だったので

45名くらいが不合格になる計算です。

 

「45人かー」「多いなー」

と直前期は不安でいっぱいでした^^;

 

当時、勉強の合間に見ていたのが

進○ゼミの高校紹介のページです。

(塾にも行っていたけど、自宅では

溜まりに溜まった消化不良の進○ゼミを

やりまくっていました。

コツコツやっておけばよかった、、涙  )

 

文化祭・体育祭のような学校行事の様子や、

進○ゼミOBでその高校に合格した先輩からの

学校紹介やメッセージが載っていて、

それを見ながら自分の高校生活を

イメージさせて受験勉強の

エネルギーとしていました^^

 

現実的な判断をしないといけない

状況下の生徒もいるでしょうが、

今日「どうしよう」「どうしよう」と

モヤモヤしていた生徒には

(特色と同じ)第一志望校を受けたがいい

旨を私の言葉で話しました。

 

志望校を決めるには、

本人の学力はもちろんですが、

将来の夢や進学先の環境、

高校でやりたいこと、そして倍率など

様々な要素を考慮して決める必要があります。

 

この生徒の場合は、志望校への想いが

強いことも知っているし、

面談で保護者様の想いも聞いています。

通い放題コースで毎日頑張っているし、

このところの成長は目覚しいものがあります。

林センセイ

 

 

 

 

 

 

不安なのは皆同じ。

しんどいけど、今は目の前の問題だけを見て、

手を動かして頭つかって勉強を進めることです。

自分が5分間モヤモヤする間にも

ライバルは勉強している。

英単語だって覚えられたはず。

 

代わってあげることはできないので、

私は先輩として、経験者として

アドバイスをして応援するしかありません。

 

 

♪今を生きることで 熱いこころ 燃える

だからキミは行くんだ ほほえんで♪

アンパンマン

 

 

 

 

 

 

ガンバレ受験生!

あと少しだよ! (^0^)/