こんばんは。塾長の古藤です。

 

先週から今週にかけて

各中学校で実施された

中3生の実力テスト。

多くの生徒が好感触のようで、

答案の返却があったものは

「○○の点数が上がりました」

「5教科合計点過去最高です!」

と安堵混じりの笑顔で報告に来てくれています^^

 

テストの度に試験範囲も拡がっているので、

その中で結果が出ているのは

これまで以上に頑張っている証拠です。

 

一方で、中1生からの新規お問い合わせも増えています。

この時期なのでやはり

2学期期末テストの結果を受けて

塾を検討している、

ということになるのですが、

ショウインの学習サポートブログの

過去の記事に

「現在の勉強が出来ない理由」

というタイトルの記事がありましたので

ご紹介します。

 

以下引用

 

現在の勉強ができない理由

「勉強ができない」という理由で

ショウインに入塾した子を指導するにあたり、

私たちは

「現在の勉強ができない理由」

をパターン化して考えることがあります。

(理由1) やる気が出ない

(理由2) やる気はあるが、がんばれない

(理由3) がんばっても、結果がでない

「勉強ができない」といっても、

どの段階の「できない」なのか

正確に把握することが大切なのです。

成績アップを実現するには、

以下のプロセスで進める必要があります。

(プロセス1) やる気を出す

(プロセス2) 自分に合ったやり方で勉強する

(プロセス3) 効果が出るまで勉強量をこなす

「学問に王道なし」という名言がありますが、

勉強の王道とは本当にシンプルなものです。

ただ、シンプルゆえに、実際はなかなか難しいですね(^^;

ショウインでは、成績アップに関わる重要なエッセンスを

さらに凝縮させて指導にあたっています。

<ショウイン式 わかるの3大法則>

(1) わかるところから始める

(2) わかるまで先に進ませない

(3) わかるまでくり返す

ショウイン学習システムで実現する「3大法則」。

「モチベーション」と「志」が高い子どもたちを

一人でも多く世界に輩出していきます!(^-^)

引用終わり
やる気が出ないのは
今やっている勉強がわからない、
結果が出なくてつまらないからなので、
塾の学習は
わかるところから始めます。
そして大事なのが繰り返すこと。
初めて習うことばかりなので
1回だけ見たり聞いたりやったりして
出来るようになる子なんていません。
テストの点数がいい子は
ワークを何周も繰り返しやっています。
それと、見直しが出来る子。
2学期の中間・期末ともに
5教科で400点(/500点)を超えた生徒や
唐津東中の生徒を見ていると、
テスト前は該当範囲の問題を
繰り返し繰り返し解いているし、
テストが返却された後は
すぐに見直し、やり直しをやっています。
定着するし、改善していくので、
その点数にも納得できます。
以前、生徒から
「社会の暗記が苦手なんですが
勉強のやり方を教えてください」
と聞かれたので、
「教科書を10回読みなさい」
と大マジメに答えました。
(実際はもっと具体的に説明してますよ)
要は、一度それくらいの繰り返し学習を
やってみて欲しかったのです。
苦手意識があったり
興味が無かったりする暗記ものは
なかなか頭に入らないかも知れないけど、
じゃあそういう子が
繰り返し学習をしているかというと
そうではない。
先の例に出した生徒の場合は
その教科が好きとか
嫌いとかは関係なくて
勉強のやり方として
繰り返し学習をしています。
だから、
出来ない、わからない、覚えられない
と言う前に、
やり方を見直して
まずは愚直に、硬派に、
繰り返し学習をして欲しいのです。
中3生の点数が上がってきたのも
同じ理由です。
人の脳はすぐに忘れる仕組みなので
繰り返さないといけないんです。
その繰り返し学習を効率よく
進められるのが
ショウインの学習システムです^^

数学が苦手な中1の生徒さん、
文字式の単元をやってもらうと
1回目は正答率50%未満。
これでは次に進めないので
もう1周やってもらうと、
今度は正答率80%超!
「ね^^ これだよ。
こうやって解ける問題を増やしていくんだよ」
と言うと納得していました。
(納得していたと思う!笑)
ただ、このまま放置しちゃうと
やっぱり忘れちゃうので、
少しだけ宿題を出して、
次回は同じ箇所の復習からです。
こうやって少しずつでいいので、
出来なかった問題を出来るようにしていく。
この積み重ねでしかありません。
今日の学習を明日へ繋げて、
明日もレベルアップ!!